辞めるということ

ひそかに応援していたアイドルが今年いっぱいで卒業する。


一年前の自分からすると考えられなかった。元々オタク気質ではあったけど、映画や漫画、アニメばかりで特定の芸能人やタレント、アイドルに熱中することはあまりなかった。


きっかけは何かの雑誌で目にして、綺麗な人だなと。(それは同じグループの別の人だけど)

それ以来、出演しているTV番組を観たりラジオを聴くようになり。そのうちの一つに、欠かさず聴くようになったラジオ番組があった。そしていつの間にか、その子の推しになっていた。

その番組に出ていた子が今回卒業することになったのだけど、最後の出演回は泣いてしまった。その放送があったのは一ヶ月ほど前だけど、今もまだそのときの感情を引きずっている。



と、ここまでは2017年のうちに書いていたけど、下書きとして置いておいたら年を越してしまった…


まあ、それは仕方ないとして。

その子が最後に更新したブログを読み返すと何度でも励まされる。

何かに真剣に取り組む姿勢がかっこいい。自分のしてきたことに後悔がない。と言い切る強さ。

逞しいなあと思います。

僕には計り知れないほど、いろんなことを考えて考え抜いて別の道に進むことを決断したんだろうな。


"辞める"という言葉の印象って一見ネガティヴなものだけど、しっかりその後の展望があって、自分の選択に後悔がなく、その決意が固ければ、むしろポジティブなことでもあるんだなと教えてもらいました。



僕自身、仕事のことでここ数ヶ月ずっと悩んでいて、心にモヤモヤが溜まっていて。視野も狭くなっていたし、何か考えごとしていても感情的になりがちで。

感情的になることも時には必要だとは個人的に思います。でも、理性的になるべき時と、しっかり切り替えができなきゃ。


理性的になったり、感情的になったりを繰り返しながら、尊敬する人たちの言葉に背中を押してもらって。でもその背中を単に追うんじゃなくて、その人に恥じないように日々を過ごせたら…ではなく過ごしていきます。僕の決意です。

言葉にすることで自分の気持ちをそちらの方向へ持っていきたい。




あなたのおかげで、僕もまだ頑張れそうです。





新年はじめのブログはこの辺で。


ではでは!